代表者挨拶

目的

本会は企業の経営者が常に新時代に処するに必要な知識の向上と創意工夫を行い、自己を啓発のうえ各企業の発展と向上、並びに地元経済の活性化に寄与することを目的とする。

はじめに

平成元年に創立された昭和会も昨年30周年を迎えることができました。そして今年、昭和会が生まれた平成という時代も終わり、令和という文字通り新しい時代を迎えます。
歴代会長を始め会員の皆様が築いてこられた昭和会の伝統を継承し、より良い組織となるよう務めて参りたいと思います。
そして北海道信用金庫さんともしっかりと手を結び、協力しあい、より良い関係を築いていきながら、今後もご指導並びにご支援を賜りたいと思います。

交流の先に、気付きや学びがある

つ目に、年間を通してより多くの方々に参加して頂けるよう努めて参ります。
その為には、部会で充実した活動をして頂く事が重要と考えます。部会内でしっかりとコミュニケーションを図り、これまであまり参加されてなかった方々にも出席して頂くきっかけを作り、まず部会内で会員相互の交流の場を作って頂きたいと考えております。

つ目に、新入会員として昭和会に入会される方々に、しっかりと昭和会を理解してもらい入会後も積極的に参加して頂けるよう努めて参ります。昭和会が誕生し、これだけの規模の人数になったのも、経営者大学を開設して頂いた北海道信用金庫さんのお蔭であります。そこに感謝しながら、昭和会として新入会員を受け入れる準備をしっかりとする事で、スムーズな入会になるよう考えてまいります。

 20代の方から60代の方まで、多様な年代の方々がいるのも昭和会の強みと考えます。そういった中で、より多くの方々に参加して頂き、そこで深く交流して頂く事で、昭和会が真の異業種交流の場となるよう努めて参ります。
 会員の皆さんに参加して頂く事で、はじめて「昭和会」の意味が生まれると思います。 

“より多くの方々にご参加頂き交流する事で、その先に気付きや学びがある”

これをテーマにして、会員並びに北海道信用金庫の皆様のご理解とご協力を賜りながら組織運営を行っていきたいと考えております。一年間、どうぞ宜しくお願い致します。
昭和会会長 佐藤正人

Event Information

  1. ご回答はフォーム、またはFAXから ご回答はフ…
  2. 34 期生事業 株式会社レバンガ北海道代表取締役折茂武彦氏…
  3. 平成30年度 研修部会事業 【実録!! リアル行列のできる…
ホームケアサプライ
メディアプラネット
一級建築士事務所アーキテクト インフィニティ
奥山建設株式会社
Scroll Up